トップ / インターネットエラー対処

インターネットでの認証エラー

有線のLANの場合はあまりないのですが、無線LANでのインターネット接続の認証エラーは、その原因が複数考えられます。パソコンがルーターの電波を受信しているにもかかわらず、接続できない場合は、無線LANの設定の際のセキュリティの種類と、セキュリティキーの誤入力が考えられます。プロバイダ情報の確認も必要です。IDとアカウントは再入力をお勧めします。大文字と小文字の使い分けも気を付けましょう。それでもインターネットに接続できない場合は、ルーターの設定を再度確認し、全てを確認したら、ルーターとパソコンを再起動してみます。これで認証エラーが出なくなることが多いのです。

認証エラーの時のチェック項目

インターネットで、IDとパスワードを入れて入るサイトがありますが、ここで時々認証エラーが出る場合があります。認証エラーは一般的にIDとパスワードの組み合わせが登録した内容と一致していないことを指します。エラーになる、よくあるパターンとしてCAPSロックが知らない間に押されていて、英字が大文字になっていることが挙げられます。これは特に、不特定多数の人間がインターネットを使うパソコンでよく起きます。シフトキーと英数のキーを押して大文字・小文字を切り替えるのですが、間違って押してしまうケースもあります。もしパスワードに英字が入っている場合は、パソコン上で「A」と書いているランプが点灯しているかどうかを確かめてください。CAPSロックされているときは、ここが点灯していると大文字になりますので。