トップ / インターネットのスピード

インターネットが動かない原因

長くインターネットを利用していると通信速度が遅いと感じることがありますが、原因について把握することは困難です。速度が出ない理由には建物内の配線に問題がある場合もありますが、提供業者の回線容量に問題があったり回線そのもののトラブルに関しては個人が対処できないのが普通です。インターネット回線の速度が出ないケースでは、回線速度の他にもパソコンの性能や環境によって影響が出てくる場合があります。特に古いタイプのパソコンではブロードバンドに対応していませんので、どんなに通信速度が速くてもパソコン内の処理が追いつかないというケースもあるのです。

ネットのスピードが遅い原因とは

インターネットが遅い原因は幾つか考えられます。まず元の回線が遅いと、そのままデータ通信では速度が上がりません。対処方法としては、回線を他社のものに変更する事です。高速回線であっても回線が出ない場合はPCのスペックを疑うと良いかもしれません。古いOS、CPU、メモリ、グラフィックカードなどが搭載されているPCでは、PC自体が速度の足かせとなる事もあります。インターネットの速度の対処法としてはOSの入れ替え、CPUやメモリ、グラフィックカードなどの交換作業もしくは、PC自体を買い換える事で対応してください。その他にもルーター、LANコードなどの品質、ネットワーク設定によっても速度が出ないケースがありますので、一つ一つこまめにチェックして対応策を見つけていきましょう。